2014年05月13日

おもてなし

rosepink.jpg

雲ひとつなく晴れあがった青い空。
目に染みるような空の青に新緑の淡い緑が美しいコントラストをなし、
すがすがしい。
五月晴れの天気の良い日には、散策が楽しいですね。
若葉が淡い色から日増しに濃い緑へ変化していきます。
つつじがあちらこちらで咲き誇り、白やピンクの花が街を彩ります。
そうそう、5月と言えば、やはりバラの花を忘れる訳にはいきませんね。

roseyr.jpg

5月はいいですね。
店先には、タケノコやワラビなどなど、
春の旬の野菜や山菜などが出そろいます。

旬の食材をおいしく食べられることはうれしい。
韓国料理には、
旬の山菜類などをうまく取り入れたナムル料理などもいろいろ。

韓国で、韓定食(ハンジョンシク)をご賞味された方はご存知と思いますが、
いろいろなナムル料理も含め、
ご飯やチゲ、数種類のキムチのほか、10〜20種類のおかずが、
テーブルの上にのるさまは壮観そのもの。

食卓の足が曲がるほど、たくさんの料理を並べて
お客をもてなすのが、韓国人の伝統的なスタイル。

韓国料理の基本的な形は、朝鮮王朝時代に出来上がりました。
儒教の礼節と形式を重んじる伝統から、
お客様を大切にもてなしたい気持ちを多くの料理で表すのです。

rosepa.jpg

個人の家に招かれると、何回も「たくさんお召し上がりください」と勧めてくれます。
残すと悪いと思い、無理して食べきるとお代わりが出される時もありますのでご注意。
その料理が好きで食べきったと思われるのですね。

韓国人は、おもてなしの時、
余るほどたくさんないと何かしら物足りなさを感じるのです。

その昔は、個人個人の銘々膳でしたが、
それがテーブルを囲むようになり、
料理が一度にたくさん並べられるようになりました。

場合により、料理を並べたテーブルごと運んでくることもあります。
その様子に驚かれた方もおられると思います。

時代と共に食の習慣も変わってきます。
けれど、たくさんの料理で精いっぱいもてなしの気持ちを表すのは、
今も変わらない韓国人のこころですね。


rosepi.jpg





posted by kimyumi at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節を楽しむ韓国料理 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。