2011年02月09日

金裕美韓国料理教室 2月の韓国料理

金裕美今月の韓国料理2月

皆さん、いかがお過ごしですか?

巷では、新型インフルエンザも流行っているそうですので、
どうぞ風邪引きにはご留意ください。

風邪には、なんと言っても体力です。
栄養のあるものをバランスよく摂取して
風邪を吹き飛ばす元気を身につけましょう。

“身体に良いものをおいしく作る”
すばらしいですね。
これって、韓国料理の基本的な考え方なんですよ。
おいしく食べて、体力をつけてくれる、健康と美容に良い料理がたくさんあります。
このブログでも、徐々に紹介していきたいと思っています。

さて、冬まっただ中、2月の韓国料理は、次の料理です。

@  コンナムルパプ(大豆燃やし炊き込みご飯)  コンナムルパプ(大豆もやし炊き込みご飯)
A  プゴクク(干し明太スープ)  プゴクク(干し明太スープ)
B  プッキムチ(青野菜キムチ・小松菜キムチ)  プッキムチ(小松菜キムチ) 
C  テェージコギジョン(豚ひれ肉の煎)  テェージコギジョン(豚ひれ肉の煎)

コンナムルパプ(大豆もやし炊き込みご飯)

コンナムルは大豆もやし。韓国料理ではお馴染みの食材ですね。
炊き込みご飯に大豆もやしのシャキシャキ感を活かしました。
肉や椎茸の旨みに特性のタレが絡み、自然とお代わりしてしまいます。
日本の炊き込みご飯とはまた違ったおいしさが好評なんですよ。

プゴクク(干し明太スープ)

干し明太は、スケソウダラの干し物。淡白な味で韓国人好みの魚ですね。
最近日本でも美肌に良いとブレークして人気の高まっている干し明太スープ。
全然辛くない、スッキリした味で、独特の風味にはまる人が多いのもうなずけますよね。
韓国では家庭でよく作る定番の料理。もちろん韓国人の大好物スープの一つです。

プッキムチ(青野菜キムチ・小松菜キムチ)

プッとは青(緑)のこと。野菜好きの韓国人らしく、青野菜のキムチを良く作りますね。
韓国の野菜と同じものが手に入りませんので、
もともと韓国にはない野菜ですが、日本で良く出回っている栄養価の高い小松菜で
青野菜のキムチを漬けました。
本来醗酵させて食するものですが、教室ではすぐに食べられるように、
酢やごまなどを加えてコッチョリ(即席漬物)にしています。
これも皆さんの大人気の一品なんですよ。

テェージコギジョン(豚ひれ肉のジョン)

豚のひれ肉は、ジョンにしました。
ジョンは卵衣焼き、ピカタと同じようなものですが、
柔らかいひれ肉は食べやすいので、子供からお年寄りまで人気の料理です。

教室では、韓国をよく旅する受講者の一人が、
先日、韓国で、セウジョッ(セウジョッムチム  セウジョッ(アミの塩辛)  ムチム(和え物)   :アミの塩辛和え)を
食べたそうで、とても感動したと話していました。
それならと、ちょうど材料もあったので、作ってみました。
皆さんと一緒にいただきましたが、ご飯泥棒と言われるだけあって、
やはりおいしい。好評でしたね。


いつものことですが、
調理後、食事の時間になると、皆さん、とても幸せな笑顔いっぱい。
おいしいものを食べて元気を取り込んでいるという気がしているんですね。
そんな顔を見ていると私もとてもうれしく、幸せになります。
さあ、次の日が楽しみですね。きっと身体も喜んで、調子がいいかもよ。

韓国料理研究家 金裕美
ラベル:韓国料理教室
posted by kimyumi at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 金裕美今月の韓国料理 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。