2014年04月13日

匙と箸

4kimyumisakurarengyou.jpg

皆さん、お元気ですか。

東北地方は今桜が見ごろと思いますが、
関西はもうすでに散り始め、
葉桜になりかけているところが多いようですね。
3月末から暖かい日が続いたので、
4月になると桜が一斉に咲き誇り、
あちらこちらで満開となりました。
マンションから見える外の風景は、
桜などの花や緑の木々の色がとてもきれいに感じられます。

今月から新学年が始まりますが、韓国では3月からなんですね。
満開の桜の木の下を小学生たちが通りかかります。
元気な声がはじけています。
幼いピカピカの1年生はとても初々しく可愛らしい。
わが子も遠い昔、あんな時あったと懐かしく思いました。

さて、急に変わりますが、
食事に欠かせない箸と匙のことをお話しましょう。

日本では、ご飯や汁物は普通、食器を持って箸で食べますね。
しかし韓国では、食器は置いたまま、ご飯や汁物は匙で食べ、
おかずは箸で食べます。もうご存知の方も多いと思いますけれども。
まず匙で汁物や水キムチなどを口に運んで口の中を湿らして食事を始めるのですね。
韓国人皆スープ料理が好きなので、匙が欠かせないのです。
因みに箸と匙は同時に持つことはありません。
昔は銘々膳が原則で匙と箸は横向きに並べましたが、
皆で食卓を囲む今では、縦に置きます。

時代が変わり、食卓も昔とはずいぶん変わりましたけれど、
箸と匙の使い分けは、今も続いている韓国の食のマナーなのです。

4sajitohasi.jpg

posted by kimyumi at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節を楽しむ韓国料理 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/394581568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック